Flag of the Japan

Japan Health News API

Get the live top health headlines from Japan with our JSON API.

Get API key for the Japan Health News API

API Demonstration

This example demonstrates the HTTP request to make and the JSON response you will receive when you use the news api to get the top headlines from Japan.

GET
https://gnews.io/api/v4/top-headlines?country=jp&category=health&apikey=API_KEY
{
    "totalArticles": 1860,
    "articles": [
        {
            "title": "空腹時にコーヒーはダメ? 栄養士に訊いてみた",
            "description": "体への負担を少なくするには?",
            "content": "胃が空っぽの空腹時にコーヒーを飲むのはよくない。モーニングコーヒー好きなら、1度は言われたことがあるだろう。\n個人の体質によって異なる部分もあるのだろうが、それでも覚えておくべき重要なことがいくつかある。インドのセレブたちも信頼する栄養士であるプージャ・マキージャに、空腹時にコーヒーを飲むと体にどのような影響があるのか訊いた。\n1:消化不良の原因になる\nコーヒーは胃酸の分泌を促進させるため、特に空腹時には、胸焼け、消化不良、胃のムカつきを引き起こす可能性がある。研究によれば、コーヒーを飲む前、ま... [617 chars]",
            "url": "https://www.gqjapan.jp/article/20240223-is-it-bad-to-drink-coffee-on-an-empty-stomach",
            "image": "https://media.gqjapan.jp/photos/65bb281f90d99783848304aa/16:9/w_1280,c_limit/Is%20it%20bad%20to%20drink%20coffee%20on%20an%20empty%20stomach",
            "publishedAt": "2024-02-23T03:30:00Z",
            "source": {
                "name": "GQ JAPAN",
                "url": "https://www.gqjapan.jp"
            }
        },
        {
            "title": "神経科学:脳刺激マッピングを神経学的治療法の改善に役立てられるかもしれない",
            "description": "神経科学:脳刺激マッピングを神経学的治療法の改善に役立てられるかもしれない",
            "content": "Research Press Release 神経科学:脳刺激マッピングを神経学的治療法の改善に役立てられるかもしれない Nature Neuroscience\n脳深部刺激(DBS)を用いて脳内回路の機能不全をマッピングすることが、特定の神経疾患の治療法の改良に役立つ可能性があると報告する論文が、Nature Neuroscienceに掲載される。この知見は、これらの神経疾患を引き起こす脳内回路に関する理解を深め、新たな治療法の標的候補を明らかにする作業を支援するものと考えられる。\nDBSでは、... [1260 chars]",
            "url": "https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/14807",
            "image": "https://www.natureasia.com/static/common/img/favicon.ico",
            "publishedAt": "2024-02-22T15:22:30Z",
            "source": {
                "name": "natureasia.com",
                "url": "https://www.natureasia.com"
            }
        },
        {
            "title": "天然痘を制圧せよ ワクチン誕生物語 エドワード・ジェンナー 後編",
            "description": "■1796年5月、エドワード・ジェンナー(Edward Jenner)は牛痘に感染したという若い搾乳婦、サラ・ネルメスと会った。なるほど彼女の両手や腕にはぷっくり膨らんだ複数の水疱が確認できた。典型的な牛痘感染者の症状だった。牛痘(cowpox)とは牛がかかる天然痘(smallpox)のことでヒトにも感染する。牝牛の乳房の辺りに水疱が現れ、それに触れた乳しぼりの女たちの間で感染する者が多かった。牛痘に感染すると牛は重症化するが、ヒトは腕に疱瘡ができ、多少発熱するものの軽症のうちに10日間ほどで完治した。一度牛痘に感染した者は二度と牛痘に感染しなかった。それどころか牛痘に感染した者はその後、天然痘に感染しないという言い伝えがあった。ジェンナーは、牛痘に感染し快復する過程で獲得する免疫が天然痘に対しても免疫力を発揮するのではないかと仮説を立てていた。そしてついに、この仮説を実証する機会を得た。",
            "content": "ジェームズ・フィップス(当時8歳)に世界初となる種痘を接種するジェンナー(1910年ごろに画家アーネスト・ボードErnest Board が制作した絵画より)。 ●グレート・ブリトンズ●取材・執筆/手島 功\n仮説は正しかった 2000年、フィンランドの農村で牛痘に感染した4歳女児の腕に現れた疱瘡。 ジェンナーはサラの膿疱内にある液体を採取した。そして5月14日、ジェームズ・フィップスという8歳の健康な男児の両腕に2本の引っかき傷を作り、そこに牛痘種痘を行った。ジェームズはジェンナー家の使用人であ... [3668 chars]",
            "url": "https://www.japanjournals.com/feature/great-britons/18753-edward-jenner-2024-2.html",
            "image": "https://www.japanjournals.com/images/stories/great_britons/240222_EdwardJenner/th.jpg",
            "publishedAt": "2024-02-22T11:34:21Z",
            "source": {
                "name": "ジャーニー",
                "url": "https://www.japanjournals.com"
            }
        }
    ]
}

Categories